有名俳優、元恋人に酸性液をかけられる

バンコク都ラートプラオ地区で11月24日、俳優のデーン・ダナイさん(29)が元恋人から酸性液を浴びせかけられ、顔や手にやけどを負う事件が起きた。
画像


 デーン・ダナイさんは、現場に一緒にいた米国人女性とともに、病院へ運ばれ、緊急に手当を受けた。警察は酸性液をかけた元恋人プレーオパンの身柄を確保した。

 治療後、デーン・ダナイさんは口の脇が焼けただれ、両手首に包帯を巻いた姿で記者会見した。以下はその一部。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

 「事件が起きたとき、米国人の友人と自宅3階にいました。プレーオパンは車で家まで来た後、石でガラスのドアをたたき割り、中へ入り3階へ上がってきました。そのため、私はすぐに警備員を呼びました。部屋はロックしていたのですが、プレーオパンは2階から鍵をとってきて、部屋に入ってきました」

 「プレーオパンは、液体の入った容器を2つ手にしていたので、私は家から出て行くように言いました。すると、プレーオパンは「警察を呼べばいい、そうすれば出て行く」などと挑発。そして、言い争いになった後、いきなり持っていた液体を浴びせかけてきました。私は容器を押さえようとしましたが、その際、液体が友人と自分にかかりました」

 「ようやく容器を取り上げ、捨てると、プレーオパンがもうひとつの容器を取り出したので、友人はトイレに逃げ込みました。私はプレーオパンを取り押さえようとして、手などに液体がかかりました。かかった場所は激しく痛みましたが、なんとか容器を取り上げ、捨てた後、警察を呼びました」

タイ専門
タイ・ブログランキング

 「その後、病院へ行って治療を受けました。医師の話では、かけられた液体は硫酸ではないとのこと。私はおそらく苛性ソーダ液ではないかと思います」

 デーン・ダナイさんのマネージャーによれば、「元恋人のプレーオパンとは6、7カ月前に別れました。しかし、元恋人は米国人の友人に嫉妬して、凶行に至ったようですが、この友人とは恋人関係ではありません。別れたあとも、デーンはプレーオパンと友人でいようとしましたが、彼女は受け入れませんでした。こんな事件が起きたからには、身辺にいつまた危険が及ぶかもしれないので、警察に訴えるつもりです」とのことだ。

 デーン・ダナイさんは以前歌手のヤーヤーインさんとつきあっているとの噂が流れたことがある。

 ヤーヤーインさんは否定したが、その際この元恋人が、ヤーヤーインさんのせいで別れることになったというメールをネットに流したことが、話題になった。

元記事:バンコク週報

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック