タイ デング熱患者2万人、11人死亡

【タイ】タイ保健省によると、年初から6月22日までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は2万562人で、このうち11人が死亡した。  2019年の患者数は12万8964人で、133人が死亡した。  デング熱はデングウイルスを持つ蚊に刺されることで感染する。一度かかると免疫ができ…
コメント:0

続きを読むread more

タイの国立公園127カ所、7月1日に再開園

【タイ】新型コロナウイルス感染症対策の一環として3月25日から閉鎖されていたタイの国立公園が7月1日から段階的に一般公開を再開する。  7月1日にカオヤイ国立公園など127カ所が全面もしくは一部開園する。残る28カ所は閉鎖を続ける。入園にあたっては、体温測定、人数制限、新型コロナ追跡アプリによる所在確認などが行われる。 元記…
コメント:0

続きを読むread more

今月21日、タイ全土で部分日食

【タイ】タイ天文学研究所(NARIT)によると、今月21日、タイ全土で部分日食が観測できる。  バンコクでは午後1時11分から午後4時9分までで、欠ける面積は最大で39.6%(午後2時49分)。  北部チェンライ県メーサイ郡では午後0時58分から午後4時10分までで、欠ける面積は最大で62.7%(午後2時42分)に達する。 …
コメント:0

続きを読むread more

検問に発砲の男射殺 タイ深南部パタニー

【タイ】17日午前11時ごろ、タイ深南部パタニー県で、タイ軍が行っていた路上検問にバイクで接近してきた男が拳銃を発砲し、兵士と銃を撃ち合った末、射殺された。また、兵士1人が男に撃たれ負傷した。  タイ治安当局は死亡した男がマレー系イスラム過激派メンバーとみて捜査している。  タイ深南部(ナラティワート、パタニー、ヤラーの3県…
コメント:0

続きを読むread more

バンコクにチャオプラヤ川渡る歩道

【タイ】バンコクのチャオプラヤ川に架かる道路橋「ラマ7世橋」の中央に歩道(全長280メートル、幅8.5メートル)が整備され、11日、アサウィン・バンコク都知事が視察した。6月中に正式に開通する予定。  ラマ7世橋は1992年開通。バンコク北郊のバンスー区とノンタブリ県を結ぶ。道路の上下線の間に高架鉄道「ラバリンスカイトレイン」の線…
コメント:0

続きを読むread more

タイ 新型コロナ新規感染4人、全員がインドからの帰国者 国内感染18日間なし

【タイ】タイ政府は12日、国内で新たに新型コロナウイルスの感染者が4人確認されたと発表した。  全員がインドからの帰国者で、タイ政府による検疫隔離中だった。  累計の感染者数は3129人になった。このうち58人が死亡、2987人が治癒(ゆ)して退院した。  タイ国内での感染は過去18日間確認されていない。 元記事…
コメント:0

続きを読むread more

パタヤビーチで日本人男性を保護、所持金も宿泊場所も失い彷徨う

タイ東部チョンブリ県のパタヤビーチで2020年6月3日朝、所持金も宿泊場所も失った日本人男性が保護されました。 パタヤ市によると、男性は新型コロナウイルスの感染拡大により足止めになり、所持金が尽き、宿泊場所も失ったとのこと。市の職員がパタヤビーチで男性を発見し、観光警察に保護されました。 なお男性にはパタヤ日本人会より宿泊場…
コメント:0

続きを読むread more

バンコク近郊のビーチに人殺到 新型コロナ対策緩和で

【タイ】新型コロナウイルス感染症対策の緩和で1日から県間移動の原則禁止が解除されたことを受け、王妃誕生日の祝日である3日、バンコク近郊の行楽地として人気のバンセンビーチ(東部チョンブリ県)にバンコク都民らが殺到した。  ビーチ前の道路が渋滞し、地元自治体のセーンスク市当局は周辺の道路を一時通行止めにした。 元記事:newsc…
コメント:0

続きを読むread more