バンコク都市鉄道新路線、日立製車両の引渡式

【タイ】バンコク首都圏の都市鉄道新路線レッドライン向けの鉄道車両2編成(10両)の引渡式が1日、タイのサクサヤーム運輸相、佐渡島駐タイ大使が出席し、バンコク都内のレッドライン車両基地で行われた。
44739.jpg

 日立製作所が製造し、笠戸事業所(山口県下松市)から出荷した。日立はレッドライン向けの全25編成(130両)を2020年6月までに出荷する予定。
44748.jpg

 レッドラインはバンコク中心部のバンスー駅を起点に北に26.4キロ、西に14.6キロ伸びる。北線は日本政府の円借款、西線はタイ政府の自己資金で建設が進んでいる。2021年開業の予定。日立が車両の設計製造、三菱重工が信号、通信、軌道、電力などのシステムの設計調達、住友商事が商務の取りまとめと現地でのシステム据え付けを担当する。

元記事:newsclip.be

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント